龍谷大学

龍谷大学 研究部

HOME > 研究・社会連携 > 研究部 > 2017年度 第4回 REC BIZ-NET研究会・りそな中小企業振興財団 技術懇親会「マイクロ波の産業応用 -無線電力伝送から計測-」開催しました

2017年度 第4回 REC BIZ-NET研究会・りそな中小企業振興財団 技術懇親会「マイクロ波の産業応用 -無線電力伝送から計測-」開催しました

2017年9月28日

りそな中小企業振興財団 理事長 古川裕二氏 ご挨拶
研究会の様子
石崎俊雄教授 講演
張陽軍准教授 講演
株式会社Wave Technology 石田哲也氏 講演
見学会の様子
見学会の様子
交流会の様子

 9月28日(木)、龍谷大学瀬田キャンパスにて2017年度 第4回 REC BIZ-NET研究会・りそな中小企業振興財団 技術懇親会「マイクロ波の産業応用 -無線電力伝送から計測-」を開催しました。

 りそな中小企業振興財団では、地域で活躍されている中小企業の経営者や技術開発担当者などを対象として、「技術と経営」をテーマとする「技術懇親会」を各地で開催しています。
 今回は龍谷大学REC BIZ-NET研究会との共催で研究会を開催し、大学と企業それぞれから、テーマに沿った以下の講演が行われました。

1「マイクロ波による無線電力伝送技術」
龍谷大学 理工学部 電子情報学科 教授  石崎 俊雄   
 走行中の電気自動車への給電、空間におけるモバイル機器への給電(フリーアクセス)、遠距離給電(ワイヤレス・パワービーム)、IoTセンサーへの給電(ミリ波情報エネルギー伝送)など無線電力伝送の様々な応用を想定した研究を進めており、これら最新技術を紹介しました。
 
2「マイクロ波による計測技術」
龍谷大学 理工学部 電子情報学科 准教授 張  陽軍
 マイクロ波計測法の非接触、非破壊、かつ瞬時に測定できる特徴を活かして、物質の誘電特性、含水率、密 度などの先端的計測技術を研究しています。さらに、小型化、および高い実用性を持つ計測システムの開発を目指して、フラット薄型人工誘電体レンズアンテナの開発も進んでおり、これら最新技術を紹介しました。
 
3「磁気共鳴方式ワイヤレス給電の設計・評価」 
株式会社Wave Technology 応用機器設計部 電源設計課 博士(工学) 石田 哲也 氏
 一般的な電磁誘導方式の電力伝送距離は概ね1cm程度までですが、磁界共鳴方式では数十cmの距離でも高効率で電力伝送ができるという特長があり、龍谷大学と共同で技術開発に取り組んで参りました。この研究開発を通して蓄積した技術やノウハウによるワイヤレス給電の設計・評価サービスを紹介いただきました。

 講演終了後に行われた研究施設見学会では、参加された方々に講演した石崎研究室と張研究室を見学いただきました。本学の施設・設備に大変関心をお持ちいただいた様子が伺えました。
 講演会、研究施設見学の後には、参加者と講演者を交えての交流会を行い、名刺交換や講演内容に関する質問が行われ、互いに交流を深める機会となりました。
 
 RECでは、本研究会にご参加いただきました皆様との出会いを大切にして、今後も活動を行ってまいります。

一覧ページへ戻る >>

▲このページのトップへ戻る