【ジェンダーと宗教研究センター】ユニット4オンライン講演会の開催について

以下のとおり、ジェンダーと宗教研究センターでオンライン講演会を開催いたします。
みなさま、奮ってご参加ください。

誰ひとり取り残さない社会を⽬指して
― ⽼いと死をめぐる課題 ―

 単⾝世帯が増えるなか、ひとりで⾃宅で最期を迎えたら、なぜ「孤独死」といわれるのか。住み慣れた地域で⾃分らしく⽼い、幸せに⼈⽣を終えるにはどうしたらいいのか。そのためには社会の仕組み、ジェンダー格差の問題をどのように変⾰していくべきか。
 『おひとりさまの⽼後』シリーズが⼤ベストセラーとなった社会学者の上野千鶴⼦⽒をお迎えし、講演会を開催いたします。また僧侶の⽴場から在宅医療に取り組む⼤河内⼤博⽒より、地域社会における介護や看取りと寺院の役割についてご紹介いただきます。⿓⾕⼤学が推奨する「仏教SDGs」の取り組みの⼀環として「誰ひとり取り残さない社会を⽬指して」議論を深める機会にしたいと思います。

【日時】2021年12月10日(金) 13:30~16:00

【会場】 Zoomウェビナーによるオンライン開催 (要・事前申込 先着500名)
 参加をご希望の方は、下記のURLよりお申し込みください。
 開催前にイベント参加用URLをお申し込み時のE-mail宛にお送りいたします。
 URL: https://forms.office.com/r/6tdkin1jqX

【プログラム】
・総合司会 清⽔ 耕介 (⿓⾕⼤学国際学部教授、GRRC ユニット1 リーダー)
・開会挨拶 ⼊澤 崇 (⿓⾕⼤学学⻑、GRRC 研究員)
・趣旨説明 中村 陽⼦ (⿓⾕⼤学⽂学部教授、GRRC ユニット4 リーダー)
・講  演 「在宅ひとり死のススメ」
       上野 千鶴⼦ (社会学者、東京⼤学名誉教授、認定NPO法⼈ウィメンズアクションネットワーク(WAN)理事⻑)
・実践紹介 「地域共⽣社会のためのお寺の役割とは―さっとさんがの試み―」
       ⼤河内 ⼤博 (訪問看護ステーション「さっとさんが願⽣寺」共同代表/チャプレン)
・質疑応答
・閉会挨拶 岩⽥ 真美 (⿓⾕⼤学⽂学部准教授、GRRC センター⻑)

【主催】
 龍谷大学 ジェンダーと宗教研究センター
【共催】
 龍谷大学 龍谷エクステンションセンター(REC)
【後援】
 龍谷大学 世界仏教文化研究センター 応用研究部門
 花園大学 人権教育研究センター

【お問い合わせ】
 龍谷大学 ジェンダーと宗教研究センター
 MAIL: grrc-toiawase@ad.ryukoku.ac.jp

詳細はこちらのPDFをご確認ください。