【国際社会文化研究所】指定研究プロジェクト 講演会の開催について

 指定研究「異文化理解と多文化共生―仏教・キリスト教・イスラームの実践的対話に向けた比較宗教学―」
(代表:佐野 東生・国際学部教授)の2022年度第一回研究講演会が以下の要領で開催されます。
ふるってご参加ください(プログラム詳細はチラシを参照)。

日時:2022年6月9日(木)第一部13:30~15:00 第二部15:20~16:45

会場:深草キャンパス22号館201(第一部)、和顔館B201(第二部)

講師:
 第一部:阿部 仲麻呂(あべ なかまろ) 東京カトリック神学院教授(本指定研究客員研究員)
 第二部:松長 昭(まつなが あきら) 事業創造大学院大学客員教授・古町愛宕神社権禰宜(〃)
 
 第一部演題:ジャック・デュプイによる「諸宗教の神学」にもとづく対話の可能性について(阿部)
 要旨:ジャック・デュプイ(1923-2004年)の『キリスト教と諸宗教—対決から対話へ』(2001)を基に
    宗教多元主義を克服する新たな宗教間対話の可能性を述べる。
 
 第二部演題:宗教間対話:トルコ的イスラーム(国家がイスラームを管理)との対話とは?(松長)
 要旨:オスマン帝国のスルタン・カリフ制下のイスラームの指導権を経てトルコ共和国によるイスラームの
    国家管理、そして多神教の日本との対話の可能性を考察する。

※国際学部講義『比較宗教思想』『多文化共生と宗教』で開催。どなたでも参加可

チラシはこちらをご確認ください。