【里山学研究センター】第1回研究会の開催について

以下のとおり、里山学研究センター第1回研究会を開催いたします。
みなさま、奮ってご参加ください。

【日  時】 2021年7月30日(金) 17:00~19:00

【発 表 者】 猪谷 富雄先生 (県立広島大学名誉教授・里山学研究センター研究フェロー)

【タイトル】 「イネの多様性と地域活性化―有色米・香り米・景観用稲・健康機能性米」

【概  要】 日本の稲品種は、「コシヒカリ」が水田面積の3分の1、さらに「コシヒカリ」を片親として育成された
       「ひとめぼれ」「ヒノヒカリ」「あきたこまち」などが3分の1を占め、似たお米ばかりです。本報告では、
       「変わりものの品種たち」、すなわち、赤米・黒米・緑米などの有色米、世界中の古い稲作国には
       必ずある香り米、田んぼアートに用いられる景観用稲、易消化性のタンパク質含量が低い低グルテリン米、
       血圧降下や精神安定作用をもつギャバを生成する巨大胚芽米、食後の血糖値上昇が緩やかな高アミロース米、
       そしてそれらを利用した地域活性化の例を紹介します。飼料米も、75%を輸入に頼っている家畜飼料の自給率を
       向上させるイネです。日本の水田が、これ以上荒廃することなく、美しい水田風景が守られ、環境保全や将来の
       食糧確保に役立つことは喫緊の課題です。イネの幅広い活用を願っています。

【場  所】 Zoomによるオンライン開催 (要・事前申込 7月29日午後4時まで)

【参 加 費】 無料

【申込方法】 以下のアドレスに、件名を「参加申し込み」として、本文に①氏名②所属③返信用のメールアドレスを
       記入してお送りください。後ほどZoomのリンクをメールでお送りいたします。
       <申込先> satoyamagaku@ad.ryukoku.ac.jp (里山学研究センター事務局)

皆さまのご参加をお待ちしております。