【里山学研究センター】第4回研究会の開催について

以下のとおり、里山学研究センター第4回研究会を開催いたします。
みなさま、奮ってご参加ください。

【タイトル】   「近年の『脱資本主義論』~ケインズの長期的洞察力に関連して」

【日時】     2022年3月9日(水) 15:15~16:45

【発表者】    小峯 敦 先生(経済学部・教授)

【コメンテータ】 石倉 研 先生(政策学部・講師)

【概要】      近年、「新しい資本主義の実現」が政治的な議論になるほど、資本主義の変革や
         終焉が議論されています。その根底に大規模な気候変動があるのは間違いないでしょう。 
         経済との関係では、経済成長と環境負荷を切り離せるか(デカップリング)も焦点となります。
          今回の研究会では、ケインズの経済思想を専門とする発表者が、近年の「脱資本主義論」を
         いくつかに分類し、シュンペーターやケインズの知見を借りながら、経済と環境の関係や
         資本主義の未来について、古典的および最近の議論を紹介します。里山学の経済思想的な
         基盤となれば幸いです。

【場所】     Zoomによるオンライン開催 (要・事前申込 3月8日(火)午後4時締切)

【参加費】    無料

【申込方法】   以下の参加申し込みフォーム に必要事項を記載してお送りください。
         後日Zoomのリンクをメールでお送りいたします。
         <申込先>  https://forms.office.com/r/NMvD0J5RfM

皆さまのご参加をお待ちしております。