【里山学研究センター】2021年度 里山学研究センター 公開シンポジウムの開催について

以下のとおり、2021年度 里山学研究センターシンポジウムを開催いたします。

【日  時】  2021年12月4日(土) 14:00~16:30

【タイトル】  「失われたマツタケ山を探して ―「人新世」時代のヒトと自然を考える―」

【場  所】  ウェビナー(Zoom)によるオンライン開催 (要・事前申込 12月3日(金)午後3時まで 先着100名)

【概  要】   新型コロナウィルスや気候変動をはじめ、人類の産業活動が自然に及ぼす影響が人類自身に跳ね返り、
        その存続を危うくする事態が頻発しています。こうした状況で、21 世紀の初めに提唱された「人新世」という
        地質学的年代の区分概念が多くの分野で注目されています。「人新世」とは、人類が自然環境に取り返しの
        つかない影響を与えるようになった時代を指す概念で、地球自然環境と人類の持続可能性が深刻に脅かされて
        いる現在、「人新世」をどのように克服し、自然共生社会を実現するかという問題が、喫緊の課題として
        浮かびあがっています。
         これまで龍谷大学里山学研究センターでは、新たな自然共生型社会を目指して、古くから人々に利用され
        てきた「里山」に着目してきました。今回は、生物多様性と文化多様性の観点から鯨やナマコと人間の関わり
        について研究を重ね、また日本の「マツタケ」に着目して新世代の学術パラダイムを切り開いた人類学者アナ・
        チンの著作の翻訳者として知られる赤嶺淳先生をお招きし、「人新世」時代の人間と自然の関係を考えるシン
        ポジウムを開催します。

【プログラム】 14:00 あいさつ・趣旨説明

        14:10 補助講演① : 「人新世」時代の新たな自然観をめざして
                     村澤 真保呂氏(龍谷大学社会学部・教授)

        14:30 基調講演  : 「マツタケ」に学ぶ―陸と海をつなぐ地球大のモノ研究をめざして
                     赤嶺 淳氏(一橋大学大学院社会学研究科・教授)

        15:20 補助講演② : 人類学と「多様なるもの」
                     椿原 敦子氏(龍谷大学社会学部・准教授)

        15:40 休憩

        15:50 ディスカッション/質疑応答
             司会 伊達 浩憲氏(龍谷大学経済学部・教授)

        16:30 終了

【申込方法】    以下のフォームからお申込みください。
        https://forms.office.com/r/1Pu3cFAFMw       

【参加費】   無料

皆さまのご参加をお待ち申し上げております。