【GARC】オーストラリア学会2022年度全国研究大会のご案内

 オーストラリア学会2022年度全国研究大会が下記の通り開催されます。

 特別講演として、「オーストラリア大使館と日豪関係のあゆみ」と題してブルース・ミラー豪日交流基金理事長(元駐日オーストラリア大使)を迎え、今年度は対面形式を再開した上で、オンラインでも視聴できる形(ハイブリッド形式)にて実施予定です。

 大会1日目に本学GARCメンバーの友永雄吾先生が豪日交流基金(AJF )助成企画として、『日豪の先住民族研究における「応答」(Call and Response of Ind igenous Studies in Australia and Japan)』と題して企画をされています。
 ぜひこの機会にオーストラリアと日本のつながりや、オーストラリアの先住民族についての研究について触れていただく機会として奮ってご参加ください。

【6 月18 日 13:30-17:00 特別講演およびAJF 助成シンポジウムⅠ】
 https://us02web.zoom.us/j/6267469631?pwd=RThUOXdHRTBwNzc0bXJmd0N2MVJKZz09 Meeting
 ID: 626 746 9631
 Passcode: 128697

======================

(以下オーストラリア学会報第95号からの抜粋)

 本企画では、「応答(Call and Response )」という言葉に注目し、日豪における先住民族研究の現在について考える。このために、日豪から非先住民族の研究者と先住民の研究者を招聘し、各報告者が先住民族研究をめぐる先住民族コミュニティや当事者などの諸利害関係者との共同により、どのような研究を展開してきたかについて考える。先住民族個人やコミュニティ、ひいては非先住民族の個人や社会双方に対して、いかなる有形無形の、または効果的 もしくは非効果的な結果をもたらしたかについて、各報告者の事例から例証する。これにより、学術界に対し先住民族の研究に関する研究倫理について、一般社会に対しては自らの問題として先住民族について学ぶ、そうした「応答」の機会を本企画は提供する。
(企画担当者:友永雄吾会員)司会

===================

 オーストラリア学会 2022年度 全国 研究 大会 のご案内
  開催日:2022 年 6 月 18 日(土)・ 19 日(日)
  Online: Zoom (お申込みの上、下記からご参加ください)
  会場:関西学院大学 上ヶ原キャンパス
     〒662 8501 兵庫県西宮市上ケ原一番町1 155
     会場アクセス:https://www.kwansei.ac.jp/access/
  担当:長友淳(関西学院大学)

学会詳細およびお申込みはこちらからお願いいたします。【PDF】