【GARC】研究会報告

グローバル・アフェアーズ研究センター(GARC)では、定期的に研究会を開催しています。
今回は、過去3回における研究会についてご報告いたします。

この研究会は、グローバル・アフェアーズ研究センター研究員だけでなく大学院生などにも発表の場を提供しています。
ベテラン研究員にとっては新しい視点として、また若手研究員にはベテラン研究員との意見交換の場となることを目的としています。

今後も、継続的に研究会開催を予定しております。

First GARC Research Webinar
 East Asian Approaches to temporality, subjectivity, and ethics: Bringing Mahāyāna Buddhist thinking into social sciences

On 19th May 2021, the center’s first research webinar was held. Professor Kosuke Shimizu (Global Affairs Research Center and Research Center for World Buddhist Cultures, Ryukoku University) gave a presentation titled: ‘East Asian Approaches to temporality, subjectivity, and ethics: Bringing Mahāyāna Buddhist thinking into social sciences’.

In his presentation, Professor Shimizu illustrated the possibility of Buddhist contributions to social sciences. First, he introduced the core components of Buddhist teaching and their relations to ethics. Second, he illustrated the current state of ethics in social sciences, focusing on the question of subjectivity. Third, he introduced some examples of collaboration between Buddhism and social sciences, such as ‘Buddhist economics’ of Schumacher and East Asian thought in contemporary International Relations. His presentation concluded with some possible approaches of Buddhism to social sciences and their political implications.

Lively discussions followed this presentation, and the diversity of Mahāyāna Buddhist thinking was brought up. Participants recognized the need to broaden the current understanding of Mahāyāna Buddhist thinking.

2021年5月19日、本年度最初の研究ウェビナーが開催されました。本ウェビナーでは、清水耕介教授(龍谷大学グローバル仏教研究センター・世界仏教研究センター)が、「East Asian Approaches to temporality, subjectivity, and ethics: Bringing Mahāyāna Buddhist thinking into social sciences」と題する研究発表を行ないました。

清水教授はプレゼンテーションの中で、仏教の社会科学への貢献の可能性について説明しました。最初に、彼は仏教の教えの核となる諸要素とそれらの倫理との関係を紹介しました。第二に、彼は主体性の問題に焦点を当てつつ、社会科学における倫理の現状について説明しました。第三に、シューマッハの「仏教経済学」や現代の国際関係における東アジア思想など、仏教と社会科学とのコラボレーションの実例をいくつか紹介しました。最後に、社会科学への仏教のいくつかの可能なアプローチとそれらの政治的インプリケーションについて論じられました。

この発表に続いて活発な議論が行われました。そこでは、主に大乗仏教の考え方の多様性に関する質疑応答がなされました。参加者一同は、大乗仏教の考え方についての現在の理解を広げる重要性を認識しました。

Second GARC Research Webinar
 COVID-19 and Australian Indigenous Peoples

On 9th June 2021, the center’s second research webinar was held. Dr. Yugo Tomonaga (Associate Professor, Global Affairs Research Center, Ryukoku University) gave a presentation titled: “COVID-19 and Australian Indigenous Peoples.”

In his presentation, Dr. Tomonaga focused on the multiple and diverse situations of indigenous Australians under the COVID-19 pandemic. From the daily experiences of Australian indigenous peoples in both urban and remote areas, he attempted to reconsider what the “reality” of being “indigenous people” under the COVID-19 pandemic is like. Specifically, he emphasized the significance of self-determination by indigenous peoples and criticized the public housing policy under the COVID-19 through the voices of residents.

Lively discussions followed this presentation. Some participants asked about the differences of indigenous policy between Australia and other multicultural states such as Canada. Participants were able to learn from the current divergent situations complicated by the locality and ethnicity  in Australia under the COVID-19 pandemic.

2021年6月9日、グローバル・アフェアーズ研究センターの第2回目の研究ウェビナーが開催されました。今回のウェビナーでは、友永雄吾准教授(龍谷大学、グローバル・アフェアーズ研究センター)が「Covid-19とオーストラリア先住民」と題する発表を行いました。

友永准教授は、発表の中でCovid-19のパンデミック下のオーストラリア先住民の多元的で多様な状況に焦点を当てました。彼は、都市部と遠隔地の両方でのオーストラリア先住民の日々の経験から、Covid-19のパンデミックの下で「先住民」であるという「リアリティ」がどのようなものであるかを再考しようとしました。具体的には、先住民による自己決定の重要性を強調し、住民の声を通じてCovid-19下における公営住宅政策を批判しました。

このプレゼンテーションの後、活発な議論が行われました。ある参加者は、オーストラリアとカナダなどの他の多文化国家との間の先住民の政策の違いについて質問しました。参加者は、Covid-19のパンデミック下におけるオーストラリアの諸地域と民族によって複雑化した現在の多様な状況について学ぶ機会を得ました。

Third GARC Research Webinar
 On Reconciliation of the “Comfort Women Issue” between Japan and Korea

English:                                        

On 17th July 2021, the center’s third research webinar was held. Naofumi Yamada (PhD student, Graduate School of International Relations, Ritsumeikan University and Research Assistant, Gender and Religions Research Center, Ryukoku University) gave a presentation titled: “On Reconciliation of the ‘Comfort Women Issue’ between Japan and Korea.”

Mr. Yamada first described the extant research of the comfort women issue. Mainly, he criticized the limitations of discussions from a fixed perspective of the nation-state. By introducing the notion of Engi (縁起), he focused on “fluid subjectivity” and its “relationality” for the pursuit of reconciliation. At the same time, he pointed out the lack of ethics in relational theory and the need for careful consideration.

Lively discussions followed this presentation. Some participants indicated that a nation-state is constructed by the existence of another nation-state. Others asked how to treat multiple and diverse personal life-experiences in the context of Engi thought. One participant directed the presenter’s attention to Engi as ontological assumption, not simply as a methodology. In addition, participants recognized the importance of discussing how “masculinity” was constructed in Japan in the context of WWII.

日本語:

2021年7月17日、グローバル・アフェアーズ研究センターの第3回目の研究ウェビナーが開催されました。今回のウェビナーでは、山田直史氏(立命館大学国際関係研究科博士後期課程、龍谷大学 ジェンダーと宗教研究センター・リサーチアシスタント)が「日韓間の“従軍慰安婦問題”の和解について」と題する発表を行いました。

山田氏は、発表の中でまず従軍慰安婦問題についてのこれまでの研究を説明しました。主に、彼は国民国家にもとづく固定化されたパースペクティブにもとづく議論の限界性について批判を行いました。そして、縁起思想を導入することにより、彼は和解のために“流動的な主体”とその“関係性”に焦点を当てました。同時に彼は、関係性理論における倫理の欠如についても慎重に検討を行いました。

このプレゼンテーションに続いて活発な議論が行われました。 一部の参加者は、国民国家は他の国民国家の存在によっても構築されていると指摘しました。また、他の参加者は、縁起思想を用いる際、多元的でさまざまな個人的な生きた経験をどのように扱うかを尋ねました。他の参加者は、山田氏に方法論としてではなく、存在論的な仮定としての縁起に注意を向けさせようとしました。さらに、私たちは、第二次世界大戦期の日本において「男らしさ」がどのように構築されたかを議論することが重要であることを認識しました。