LORCとポートランド州立大学との連携による出版物のご案内

この度、LORCとポートランド州立大学との連携を通して
『大学が地域の課題を解決する―ポートランド州立大学のコミュニティ・ベースド・ラーニングに学ぶ』
“Let Knowledge Serve the City”: How Portland State University Engages in Community Problem-Solving through Community-Based Learning
白石克孝・西芝雅美・村田和代編     【日英バイリンガル版】
https://www.hituzi.co.jp/hituzibooks/ISBN978-4-8234-1003-1.htm
が出版されました。

この出版計画は、2015、2016年度に実施したワークショップや国際シンポジウムを契機に、LORCによる地域連携を軸とした理論と実践による研究や、地域公共人材育成の実績と、ポートランド州立大学が行っている地域連携型教育プログラムの実績を踏まえ、今後の大学が求められる役割を検討することを目的に双方が連携して進めてきました。今回の出版を記念して、12月4日(土曜日)10時から12時にオンライン講演会を開催いたします。

これまでのLORCによる実績をベースに、今後の地域コミュニティとの連携のあり方について新たに模索していきながら、ますます研究を推進していきたいと思っています。

今後のLORCの活動についてもぜひご期待下さい。

(以下、ひつじ書房HPより抜粋)

【内容】
大学に求められる新たな役割とは。

本書では、ポートランド州立大学で展開している地域連携型教育プログラムを多角的な視点から紹介し、地域変革のアンカーとしての大学のモデルを提示する。国内の先進事例として京都の産学官民連携で展開してきた地域公共人材育成にもふれながら、これからの大学の新しい役割について考える。バイリンガル版(英日)。

執筆者:ケヴィン・ケスカス、西芝雅美、スティーブン・パーシー、ジュディス・ラメイリー、サイ・アドラー、エイミー・スプリング、セリーン・フィッツモウリス、向野也代、ジェニファー・アルカズウィーニー、飯迫八千代、クリスティーン・クレス、レイチェル・サミュエルソン、シェリル・ゲルモン、白石克孝  

【目次 Contents】
はじめに
Introduction
Part I Japanese

第 1 章 座談会:知識をもってまちに出よう

第 2 章 ポートランド州立大学のコミュニティ・ベースド・ラーニングに対するアプローチ:重要要素

第 3 章 社会関与する大学としてのポートランド州立大学の台頭と発展およびCBLへの取り組み
    ジュディス・ラメイリー、サイ・アドラー

第 4 章 戦略的パートナーシップ: ポートランド州立大学におけるパートナーシップ構築方針の変遷
    エイミー・スプリング

第 5 章 ポートランド州立大学ユニバーシティ・スタディーズにおける学部生向けCBLプログラム
    セリーン・フィッツモウリス、向野也代

第 6 章 専門職大学院教育のためのCBLアプローチ
    西芝雅美、サイ・アドラー

第 7 章 CBLを教える教員に対するサポート
    ジェニファー・アルカズウィーニー、飯迫八千代

第 8 章 コミュニティ強化のための参画型リーダーシップ:サービス・ラーニング分野における将来の指導者養成のための学術的および正課併行型活動の重要な構成要素
    クリスティーン・クレス、レイチェル・サミュエルソン

第 9 章 コミュニティ・エンゲージメントの評価
    シェリル・ゲルモン、エイミー・スプリング

第 10 章 大学の第3の使命と京都アライアンス
    白石克孝

Part II English

Chapter 2 PSU’s Community-Based Learning (CBL)Approach:Key Components
Kevin J. Kecskes, Masami Nishishiba, Stephen L. Percy

Chapter 3 The Emergence and Evolution of PSU as a Community-Engaged University and Its CBL Initiatives
Judith Ramaley, Sy Adler

Chapter 4 Strategic Partnerships:The Evolution of PSU’s Partnership Agenda
Amy Spring

Chapter 5 PSU’s Undergraduate CBL Programs in University Studies
Celine Fitzmaurice, Nariyo Kono

Chapter 6 PSU’s CBL Approach to Professional Graduate Education
Masami Nishishiba, Sy Adler

Chapter 7 Support for Faculty Teaching with CBL
Jennifer Alkezweeny, Yachiyo Iisako

Chapter 8 Engaged Leadership for Community Enhancement: Critical Academic and Co-Curricular Components for Training Future Professionals in the Field of Service-Learning
Christine M. Cress, Rachel Samuelson

Chapter 9 Assessment of Community Engagement
Sherril Gelmon, Amy Spring

Chapter 10 Kyoto Alliance for the Third Mission of Universities
Katsutaka Shiraishi
1. University Reforms Advocated by LORC
2. Two Targets of the Kyoto Alliance
3. The Third Mission of Universities

参考文献 References
執筆者紹介 List of Contributors

【編者・執筆者紹介】
編者:
白石克孝(しらいし かつたか)龍谷大学副学長、龍谷大学政策学部教授。
西芝雅美(にししば まさみ)ポートランド州立大学行政学部教授、学部長。
村田和代(むらた かずよ)龍谷大学政策学部教授、地域公共人材・政策開発リサーチセンターセンター長

執筆者:ケヴィン・ケスカス、西芝雅美、スティーブン・パーシー、ジュディス・ラメイリー、サイ・アドラー、エイミー・スプリング、セリーン・フィッツモウリス、向野也代、ジェニファー・アルカズウィーニー、飯迫八千代、クリスティーン・クレス、レイチェル・サミュエルソン、シェリル・ゲルモン、
白石克孝