Research Office

研究部

ホーム 研究部 > Events > 『「対話」を通したレジリエントな地域社会のデザイン』出版記念講演会開催【LORC】

『「対話」を通したレジリエントな地域社会のデザイン』出版記念講演会開催【LORC】

2022.09.28

ハイブリッド形式にて開催します


開催日時2022年10月01日 13:00 ~ 2022年09月01日 18:00
開催場所和顏館 会議室3およびZoomオンライン
お問い合わせlorc6.contact@gmail.com


地域公共人材叢書 第5期『「対話」を通したレジリエントな地域社会のデザイン』出版記念講演会を開催いたします。

地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC)では、2019年から3年間龍谷大学重点強化型研究推進事業の補助を受けてプロジェクトを進めてまいりました。
理論と実践を架橋する研究機関として2003年より市民・企業・自治体などとの連携をしながら研究を続け、直近の叢書(2019)では、今後の社会像として「包括的発展」の概念と政策実装の可能性を提示しましたが、2020年より広がった新型コロナウイルスによるパンデミックは様々な側面で「分断」を生み出し、また、昨今の世界的情勢においても「分断」が助長され、異質性を受け入れるどころか、排除する報告に社会が動きつつある状況です。

このような中、LORCが地域人材育成や、地域社会のデザイン、またそのプロセスにおいて重要視してきた「対話」を改めて再認識するとともに、今までのの実践を振り返りその可能性を探求しようと今回叢書の出版をいたしました。

今回の叢書では、4つのパートから構成され、全体で14章にわたる研究論文の中で、「対話」の可能性や必要性、またそこから発展し地域デザインの一環となる「対話」について論じています。

第1部 対話地域内のアクターの連携をつなぐ
第2部 対話が組織の変革を促す
第3部 対話が創造的な地域政策を切り拓く 
第4部 対話が地域社会の共有を深める

LORC第5期の集大成のみならず、今までのLORCの研究について知っていただくとともに、今の世の中での「対話」の重要性について少しでも提言できればと思い、今回出版記念講演会を開催させていただきます。

参加申込につきましては、QRコード、下記サイトからお申込いただけます。
申込リンク

お申込みはこちらから
詳細はこちら